MENU

 夢と現実のギャップ、これを知るようになってからは、頭を悩ませようになってしまいました。
小さい頃からパテシエになって洋菓子を売る、勉強するようになってからは自分のお店を開業したいという気持ちを強く持つようになっていました。
そのためにアルバイトも一生懸命やって、貯蓄をしていたのです。
何とか50万円ほどの貯蓄を作ることができていたのですが、実際にお店を持つとなると、とんでもない開業資金が必要なのが分かったのです。
小さなお店を持つ場合でも、最低の金額として300万円が必要だと言う事が分り、頭がクラクラしてしまいました。
こんな大金どうやって手にすればいいんだろうって感じでした。
それこそ富裕層の家庭でしたら、お金を何とかしてもらうことはできるでしょうけれど、一般サラリーマンの家庭の私にはそれは不可能です。
一応親にも相談をしてみたのですが、不景気のこの世の中に自分の店を持つことは自殺行為だって言われてしまいました。
借金を背負うだけだからという事で、親からの支援を受けることは出来ないのが分りました。
確かに一向に景気は回復していないし、サラリーマン家庭のだからそんな大金を出すこともできない、勉強したとはおかしのメーカーとかに就職しろというのは当たり前なのかもしれません。
だけど、私はずっとお店を開きたいという気持ちを持ってたし、自分の作ったお菓子をいろいろな人に食べてもらいたいっていう気持ちを捨てることができませんでした。
何とか、お店を持つための資金を調達しなければならない、こちらに頭を使うようになっていったのです。
だけど、そんなお金を簡単に調達することができるわけもありません。
大きなハードルを目の前にして、頭を抱え込んでしまいました。