MENU

 知り合った37歳の男性と、待ち合わせをすることが決まりました。
やっぱりかなり緊張した瞬間になって、なにかあったらどうしようかななんて不安な気持ちになっちゃったりもして。
実際に会ったこの男性は、見た目もなかなか良かったし若々しくて自信に満ち溢れたような態度だったのです。
だけどそれが嫌味に感じない、何とも言えない魅力的な人だったのには驚きました。
食事をしながら、私の夢について思いっきり真剣に聞いてくれるんです。
洋菓子を売る店を開きたい、小さいお店でもいいからお客さんを笑顔にしたい、自分もお菓子を作るのが大好きだからずっとこれを仕事にしたい、熱心に彼に伝えていきました。
優しく微笑みながら頷いてくれて、何だか安堵感に包まれてしまったのです。
彼もカフェを始めてから、一生懸命お仕事をしてチェーン展開をすることに成功した、その内容もいろいろ話してくれました。
「自分もそういう夢を持っていたから、頑張っている子を応援したい気持ちがあるんだよね」
にっこりと笑って言ってくれたのでした。
「愛人契約をしたら、毎月40万円しか払うよ。
もし不安だったら、初めのうちは都度払いでも構わないし」
私、満面の笑みで思いっきりうなずいてしまっていました。
その日は彼は体を求めてこなくて、帰りのタクシー代も手渡してくれました。
その後、時間を合わせては会って関係を持つようになったのですが、初めは都度払いで10万円ずつ支払ってくれるようになりました。
この関係を続けていけば、開業資金はバッチリ溜め込むことができるようになります。

愛人契約をして本当に良かったな、そんな気持ちで毎日を過ごすことができています。
大好きなパテシエの勉強も順調だし、お店の開業の方も
の方もバッチリ行けそうだし、それに現在チェーン展開をしている人がいろいろとアドバイスをしてくれるので、とっても助かってしまうんです。